愛媛県,新居浜市,歯医者,歯科,審美歯科,予防歯科,インプラント,入れ歯

〒792-0008 愛媛県新居浜市王子町3-3
Tel 0897-47-3960

マタニティ歯科

歯科医師募集
歯科衛生士募集

アクセスマップ

>>詳しくはこちらから

マタニティ歯科について

お腹の中から赤ちゃんのむし歯予防ができる?

生まれたばかりの赤ちゃんは無菌状態です。むし歯の原因は細菌です。
最初に誰から感染するのかを考えて予防策をたてることでむし歯の発生をより小さくすることは可能です。

市町村で母子手帳と一緒に配られているパンフレットになります。
お母さん自身のために妊娠中に気をつけたいこと、
また、乳歯がはえ始めた赤ちゃんのころから永久歯にはえかわる就学期まで、
その時期に応じて歯と口の健康のために知っておいてほしい大切なことがらをまとめたものです。

親子ではじめる 歯の健康miniブック』はこちら

妊娠中の歯科治療および妊娠中の口腔内の変化について

当院では次のようにご説明しています。

つわりがひどく歯磨きができません。
つわりの時期は非常に歯磨きがつらいですが、怠っていると虫歯ができやすくなり、また歯肉の腫れや出血が増えてきます。以下のことを気をつけて磨いてみてください。
  • 体調の良いときに磨く(時間帯にこだわらない)
  • ぶくぶくうがいを十分に
  • 顔を下に向けて磨く
  • 小さな歯ブラシで細かく動かす
  • においの強い歯磨剤は使わない
  • お風呂に入りながらなどリラックスしながらの「ながら」磨き
妊娠したら虫歯が増えました。
妊娠中は、口腔清掃が不十分になりがちです。また、間食や食事の回数も増えるため、食物残さが増えます。それに加えて、唾液の分泌量が減少するため、虫歯 菌の出す酸を中和して洗い流す働きが悪くなるので虫歯になりやすくなります。セルフケアも重要ですが、妊娠したらまずかかりつけの歯医者さんへ行き、妊娠 期間中に定期的な検診とケアをしてもらうことが大切です。
妊娠してから歯肉の腫れが目立ちます。出血もします。
妊娠すると、妊娠によって高まった女性ホルモンを好むインターメディア菌などの歯周病菌が増加します。また、その女性ホルモンの影響で血管が変化したりす るため炎症がおこります。歯周病や歯肉炎が進行し、炎症が強くなるにつれて早産や低体重児の確率が増えます。それは7倍ともいわれているのです。妊娠中の 適切なケアと治療で十分改善することができます。また、自覚症状がなくても歯周病は進行していきます。そのため、自覚症状がなくても、妊娠したら、歯科医 院で歯周病の検査、改善、予防処置をスタートさせることが重要です。
妊娠中の歯科治療は可能ですか?
妊娠中、歯科治療を受けてはいけない期間はありません。ただし、妊娠初期はつわりがひどかったり流産の危険もあるので、一時的な処置でとどめておくのが一 般的です。また、妊娠後期だと、仰向けで治療を受けるのが大変なため、妊娠17週から30週までが歯科治療を受けるのに適しています。この時期であれば、 一般的な歯科治療は全く問題なく受けられます。その際は以下のことに注意しましょう。
  • 母子手帳を提示しましょう。
  • 産婦人科の先生から注意を受けていることは必ず伝えてください。
  • つわりなど体調の悪いときは、無理をせず短時間でできる応急処置にしてもらいましょう。
  • 楽な姿勢で治療を受けましょう。遠慮なくおっしゃって下さい。
  • トイレは我慢せず申し出て下さい。
妊娠中のレントゲン写真は大丈夫でしょうか。
妊娠初期はおなかの赤ちゃんのエックス線に対する感受性が高いので注意は必要ですが、むやみに怖がってレントゲン写真を撮らないと、的確な治療が行えなく なり、結果治療が後手に回って悪影響を及ぼす場合もあります。また、歯科のエックス線はもともと直接あたりません。当院ではさらに鉛入りのエプロンおよび 従来型のフィルムのレントゲンの1/10の被爆量のデジタルレントゲンを使用しているため問題はまずありません。なお、妊娠初期は以下の通りです。 ただし、妊娠中のレントゲン被爆はないことにこしたことはありません。 当院では、レントゲン撮影を含めた診断が必要であると考えられる場合に撮影をおこなっています。
 

妊娠3週未満
着床前は大量のレントゲン被爆があると受精卵は死滅しますが、着床した後の受精卵は奇形の頻度が増加するという証拠はなく、正常に発育すると考えられます。

妊娠3~15週
この時期はおなかの赤ちゃんが催奇形性因子に弱い時期であるので注意が必要です。

妊娠15週以降
器官形成期が終わっていますので、赤ちゃんの発育がレントゲン被爆の影響を受けることはほとんどありません。

妊娠中に薬を飲むと赤ちゃんに影響が出ますか?
薬は、妊娠中に限らず飲まないですめばそれにこしたことはありません。しかし、罹患した病気が母体や赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があれば、薬を含めた 治療を積極的に行う必要があると考えます。幸い、歯科治療で使用するお薬のほとんどは妊娠中であっても比較的安全に使えます。また、妊娠期間中に使用でき るお薬は、出産後母乳育児の際にも安心して使用していただける薬ばかりです。

当院でのお薬
 

痛み止め
アセトアミノフェン(カロナール)は、小児用の痛み止めですが、妊娠中、授乳中にも使用可能です。なお、市販の痛み止めや妊娠前、本人様やご家族に処方された痛み止め(ボルタレン、ロキソニンなど)はご使用をお控えください。

抗生物質
セフェム系抗生物質のフロモックスは安全性が高いとされています。また、乳中への移行がほとんどないため、授乳期間中にも使用可能です。

うがい薬
使用は問題ありませんが、イソジンは、長期で広範囲への使用は控えて下さい。

フッ素
フッ素入り歯磨き粉、フッ素洗口、フッ素塗布いずれも問題ありません。

キシリトール
問題ありません。後述する虫歯菌の母子感染予防に対しても有効な手段です。

妊娠中、歯科治療の麻酔は大丈夫でしょうか。
歯科の局所麻酔は、薬液の使用量が少ないのと、注射をしたその部分で分解されてしまうため赤ちゃんへの影響はありません。また、母乳への移行もありません。ただし、以前の治療で、麻酔後に気分が悪くなった経験をお持ちの方は、必ず歯科医師にその旨をお伝えください。
親知らずが腫れて痛みます。妊娠しているので抜きたくありません。
親知らずはその場所の関係で、もともと汚れがたまりやすく、歯肉のトラブルを起こしやすいところです。特に妊娠期は歯肉が炎症を起こしやすい時期のため大 きなトラブルになることが少なくありません。妊娠期間中は、かかりつけの産婦人科の先生とも相談して、体に負担のかからないよう、基本的には極力抜歯をせずにすむように対応をしています。
おなかにいる間から丈夫な歯を持つ子にすることは可能ですか?
赤ちゃんの乳歯のもととなる歯胚(しはい)は妊娠7週目から作られます。従って、妊娠期間中のバランスのとれた食生活が基本となってきます。以下の食品を参考にしてバランスよく食べるように心がけて下さい。
  • タンパク質 歯の基礎となります
  • ビタミンA エナメル質の土台となる
  • ビタミンC 象牙質の土台となる
  • カルシウム、リン 歯の石灰化を助ける
  • ビタミンD カルシウムの代謝を助け、石灰化の調整をする
また、これと関連して、出産後の虫歯予防は実は妊娠中からのお母さん自身のお口の健康維持に密接に関係しています。 虫歯の原因菌であるミュータンス菌は、主に乳歯のはえそろう1歳6ヶ月から2歳7ヶ月の間に、お母様からお子様へ唾液を介して感染するといわれています。 これを母子感染といいます。ある調査では、2歳で虫歯のある子供の76%のお母さんに処置をしていない虫歯があるという結果が出ています。お子様の歯が生 え始めるまでに、お母さんのお口の中の治療をし、清潔な状態を定期検診で維持して虫歯の原因菌を減らすことが、実はお子様の虫歯予防にはもっとも重要なの です。虫歯予防はマイナス1歳から、ですね。
Page Top